エモンダSLR インプレッション

0

     

    エモンダ系の記事を書くならこれは避けて通れませんね。

    ハイエンドモデルである「エモンダSLR」です。

     

    これはH1フィットというヘッドの短い仕様でハンドルを下げることが出来ます。

    一応ヨシノリ店長のスペック?を書くと

    ロードレースとマウンテンバイクのレースは国内最高カテゴリに居たことがある

    今はあまり乗れないオッさんです。

    オーソドックスな機材が好みというのは否定できませんな。

     

    ■クライミングバイクではない

     

    世間的には「超軽量クライミングバイク」という認識をされている

    このエモンダSLRですが、乗ってみた印象は少し違います。

    「軽いのは重量ではなくペダリング」

    というのが第一印象です。小気味いい加速感と剛性感があります。

    とにかくトレックのラインナップというか

    ヨシノリ店長が過去に所有してきたバイクの中でも

    異次元のペダリングの軽さです。

    ここで注目したいのは「軽くてカチカチ」のバイクでもないし

    「しなやかペダリング」のバイクでもないという点です。

    硬い感じはありますし、ケイデンスは高めが良いのは事実ですが

    それは恐らくフレームの反応性が高いことと

    BB部分のボリュームがとても大きいという事だと思うのです。

     

    ■快適性を削ってでも反応性を重視

     

    荒れた路面に入って見るとトラクションの掛かり方は

    マドンやドマーネに軍配が上がります。

    (と言ってもそれは河川敷のグラベルなどの話ですが)

    恐らくISOスピード以前のバイクであれば何の問題のないレベルですが

    あの装置の付いたバイクでシッティングしながら

    荒れた路面をバリバリ踏んでいくとバイクがガンガン進んでいく

    あの感覚を知ってしまうと田舎の舗装林道のような路面だと

    弾かれる感じが少ししてしまいます。

     

    サーキット系のレースでアップダウンのある群馬・伊豆CSCなどは

    このバイクの持ち味が最高に活かされるコースだと感じます。

     

    ■汎用性の高い構成で実戦仕様なバイク

     

    ダイレクトマウントブレーキが一般化した昨今

    どの部品でも組める、専用パーツが少ない

    これはメリットだと思います。

    専用規格のパーツを必要とせずに組めます。

    ヨシノリ店長の大好きな「丸ハン」でも組めます。

    最新の乗り味のバイクを使い慣れたパーツで組めるというのは

    「俺ちょっと前からレースやっててさぁ」

    なんて感じの人には最適なフレームだと思います。

     

    日本のレースは40キロ後半のスピードが上がり切った状態から

    展開するというようりは、少し斜度のある場所から

    比較的低い速度域38〜40キロ前半でアタックを繰り返して殴り合う

    という感じの展開が多いですし、サーキットレースが多いので

    短い登坂を繰り返すことが多いですので。。。

     

    ■どんな人にオススメ?

     

    やはり。。。レース好きな人かなぁ。。。

    あとは「レーサー特有の切れ味あるライドを楽しみたい人」

     

    ヨシノリ店長が言いたい事はですね

    「ただ軽いだけのヒルクライムバイクじゃない」

    という事なんです。あまりにもそういうインプレが多いので。

    オーソドックスな造りで実戦的なレースバイクとして

    尋常ならざるポテンシャルがあるバイクですよ。

     

    詳しくはお店に遊びにきて聞いてくださいね。

    最近はエスプレッソだけじゃなくてアメリカーノもマスターしました!

     


    R4 Hard Case LiteとR4 320について

    0

      ボントレガーのハイエンドタイヤといえば

      「R4 Hard Case Lite」(7900円)

      「R4 320」     (9900円)

      の2種類があります。

       

      高いほうが性能いいんでしょ!おしまい!

      では芸がなさすぎるので。。。少しインプレを。

       

      この二つは同じ「R4」ではありますが

      乗った時の感じが結構違います。

      フィーリングを言葉で表すと

      「R4 Hard Case LIte」は「カッチリ!」としていて

      「R4 320」は「ふんわり」「しっとり」というフィーリングです。

       

      ■「R4 Hard Cace Lite」

      タイヤの地面を掴む部分「トレッド」はどっちも

      最高のグリップ感なのですがHard Cace Liteの方が

      硬質な安心感があると思います。

      また、サイドのケーシングという部分も少し丈夫に出来ています。

      自転車全体が「カッチリ」したフィーリングを好む人は

      「R4 Hard Case LIte」の方が好みではないかと思います。

      320と同じ空気圧で比較してもグリップ感は同じくらいで

      R4の方が「かっちり感」を伝えて来ると感じました。

       

      とは言ってもカチカチで乗り心地が悪いという訳ではありません。

      ミシュランのPro4とかコンチネンタルのタイヤと同等の高級感のある

      乗り心地に感じました。

       

      ■「R4 320」

       

      これはオープンチューブラーと呼ばれるタイヤの形式で

      それに現代的なトレッドを組み合わせたタイヤというものです。

      ケーシングの糸が細くしなやかなので、高い空気圧にしても

      しなやかさを失わないようになっています。

      それが「しっとり」「もっちり」「ふんわり」というフィールを

      もたらしてくれていると思います。

      通常チューブラー系のタイヤ(ヴィットリア・ヴェロフレックスなど)

      はタイヤをしっかりと潰して路面を捉えさせるような走り方をした方が

      いい場合が多いです。雨天時は圧を下げるなどの工夫も要ります。

      320はその心配は全くなく、今までのクリンチャータイヤと同じように使えます。

      ただ、モーターサイクルなどに親しんでいる方だと

      しなやかなケーシングが先に潰れる感じがするのでフィーリングに違和感を

      覚えるかもしれません。

      乗り心地も良いタイヤですが、ケーシングの糸は細いので

      耐久性は「R4 Hard Case Lite」の方があるかもしれません。

       


      タイヤの重量は実はR4の方が軽いのです。

      構造上オープンチューブラーの方が重くなってしまうからです。

      タイヤ重量を気になるヒルクライムはこっちの方がいいかも。

      個人的には320の方が好みですが

      インプレ記事がR4は殆ど上がって来ないので

      個人的に感じたことを書いてみました。


      クロスバイク生活始めます。

      0

        いろんなお客様にお乗りいただけるように

        クロスバイクの試乗車を用意いたしました。

        今日組み立てたのは。。。

         

        サンクスサイクルラボ西葛西店の「イチオシ!」

        「TREK FX3」ちゃん!サイズは17.5です。

        なんて可愛らしいブルーなんでしょ。

        「カルフォルニア スカイブルー」というカラーです。

         

        「クロスバイクってどんなバイク?」

        「スポーツバイクってどんな事できるの?」

         

        そう思ったら吉日!

        是非体験しに来てくださいね!

        免許証などの写真付きの身分証明書をご持参ください。

        ご来店おまちしております。

         

        「江戸川区商品券まつり」

        まだまだ開催中です。

        5万円以上の商品券をお求め頂くのには

        「見積書」が必要になります。

        何なりとご相談くださいませ。

        車体用品をまとめて10%OFFが適応できます!

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        自転車歴20ウン年のワタクシ。。。

        競技はロードもマウンテンバイクもシクロクロスも

        最高カテゴリーの経験あります。

         

        クロスバイク一応所有していたこともあります。

        でも、真剣に「おつきあい」した事ないかも。

        この試乗車を使って色々手を加えていこうと思っています。

        今までよりも少しだけ「真剣におつきあい」してみようかと。

         

        今クロスバイクに乗ってる方には

        「クロスバイクに一手間加えると愛着が湧くよ」

        自分のように自転車歴が長くてクロスバイクを

        「実はよく知らないんだよね」

        そんな方には。。。

        「セカンドバイクとしてのクロスバイクの楽しさ」

        お伝えできたらな。。。と思っています。

        色々なカスタマイズをしてみようと思います。

         

        ワタクシをご存知の方には

        「ああ、またヨシノリ店長バカなことしてるなぁー」

        そう思いながら、このシリーズを見ていただけると嬉しいです。

         

        自転車はお店からお渡しする時は

        「機械として完全な状態」としてお渡ししています。

        でも「ライダー自身の道具」にはなっていません

        乗って、触って、楽しんで。。。

        その人の彩りが染み付いていくものだと思います。

        その過程に自転車の「深い楽しさ」があります。

         

        一番ベーシックなこのクロスバイクで

        そんな様子をお見せできたら良いなーと思っています。

        一緒に楽しんでいきましょう!

         

        「クロスバイク生活!で人生に彩りを!」

         

         

         


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM